浦和の高級店舗型ヘルスは癖になる快感です

埼玉県の県庁所在地浦和は、東京のベットタウンとしても知られている街です。
首都圏にありながらどこか懐かしさのあるこの街は、私のお気に入りの街でもあります。
都会の雑踏から離れ、私は浦和の風俗街にある高級店舗型ヘルスに通っています。
浦和の高級店舗型ヘルスのヘルス嬢は、誰を指名しても最高の癒しを約束してくれますが、今日は店に来る前に予約を入れてきました。

高級店舗型jはプライバシーが守られている

高級店舗型ヘルスはプライバシー重視で気を遣うことなく楽しむことが出来ます。
指名をしたヘルス譲と部屋に入ります。
彼女は私好みのもち肌で触った感触が最高です。
彼女は私の感じるポイントを熟知してくれているので私はいつも彼女にお任せです。
彼女は私の体全体に軽く触れながら「かなりお疲れが溜まっているみたい」と揉み解してくれました。

嬢と入る風呂が格別

彼女と入るお風呂がまた最高です。
体の隅々まで丁寧に心を込めて洗って貰える心地よさは例えようもありません。
彼女の柔らかい手が私自身を優しく握り手に取り、するうちに私自身はすっかりご機嫌になり直立姿勢です。
そんな私自身を彼女はそっと口に入れピチャピチャと子猫のように嘗め始め私はもう夢の世界です。
ここで終わってしまってはと私が彼女を洗います。
彼女の乳房は綺麗に色づき美味しそうな桃色をしています。
少し硬直した乳首はサクランボのようです。
私は彼女のサクランボを口にくわえ舌でコロコロ転がして彼女の喜ぶ顔を見るのが大好きで、ここはタップリ時間を使います。

超一級品のサービス

堅く硬直した二つのサクランボを指で摘んでは離し乳房の膨らみも楽しみながら揉んでいきます。
形のよいお尻に手を伸ばし両手でお尻をマッサージ。
すると彼女は上半身を私の体に押しつけキスをせがみます。
重ねた唇の隙間からお互いの舌を絡ませムードは最高潮です。
彼女の気持ちも高まり彼女のお得意なサービスが今から始まります。
ベッドへ場所を移しプレイ続行です。
全身リップの大サービスにベッドは軋み彼女お得意の口技が私を夢の世界へ連れて行きます。
手技口技は研究熱心な彼女が体得した超一級の優れものです。

私はこれが癖になってしまっています。
彼女をベッドに寝かし横にしても潰れない乳房を眺めそして乳房を手の中に…ユックリと揉み始めると彼女の体は大きく仰け反り、彼女は私に抱き付いてきます。
彼女の豊かな乳房は柔らかくいつまで揉んでいても飽きることがありません。
彼女が私自身に手を伸ばし上下に揺さぶると私自身は大きく堅くなり爆発しました。
私は、浦和の高級店舗型ヘルスの彼女とのプレイの虜になってしまっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です