五反田の高品質店舗型ヘルス

私はファーストフード店に入ると、人気のハンバーガーをヘルス嬢に差し入れしていた頃を思い出します。
差し入れしていた理由は他のお客さんよりも気に入って欲しかったからです。
その女の子はいつも予約で埋めっていて大変需要が高かったです。
お店の最高ランクの女の子で、私は無理をして高い指名料を払って指名していました。
その女の子が在籍していたのは、五反田のハイクオリティー店舗型ヘルスです。

受付スタッフから可愛い

受付の店員はきれいなうえに親切で愛想が良くて、受付嬢を冗談で指名しようかと思ったほどでした。
気分よく風俗遊びのスタートがきれた感じでした。
待合室で愛読しているコミックを読み込んでいると、あっという間に呼ばれる時間が来た感じです。
ご対面すると公式サイトに出ていた女の子が、そのまま目の前に現れた感じでした。
最高ランクの女の子だけに輝いているように見えました。
芸能人で例えると桐谷美玲さんに似ていました。
プレイルームに移動して、それぞれ服を脱いでシャワー室に入りました。
その間ずっとおしゃべりをしていましたが、女の子の声がとても暖かみがあって心地よかったです。

恋人気分で楽しむ

きれいな女の子に丁寧に体を洗ってもらうと、すごい身分の高い人物になったような気がしました。
身分の高い人物がシャワー室で早々とエロい事は、してはいけないという妄想をして興奮を抑えていました。
部屋に戻ってからすぐにプレイを開始してもいいのですが、私は公式サイトの彼女の言葉を気にしてプレイを始めませんでした。
その言葉とは「恋人のように甘く過ごしたい。
」です。
私はイチャイチャしながらおしゃべりをしばらく楽しみました。
こんな女の子と居酒屋で過ごしてみたいと思いました。
時々見せる笑顔が私のハートを貫くようでした。

最高ランクも納得の嬢

バスタオルをかけていた彼女でしたが、きれいな身体からセクシーさがムンムンしていました。
私はエロい気持ちが抑えられなくなって、後ろから太もものあたりを見せてもらいました。
とてもセクシーな太ももでエロい気持ちになりプレーを始めました。
彼女もひたすら標準レベル以上のサービスをしてくれました。
この美貌と性格の良さとサービスなら、最高ランクになるのは当然だと思いました。
私は大変満足できました。
終わり間際に「何かして欲しかったプレイはあった?」と聞かれたので、遠慮なくコスプレとエロいオプションプレイを伝えました。
次回はそのプレイをする約束をしてくれました。
私は上機嫌で帰りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です