神田ハイクオリティー店舗型ヘルスの遊び方

私の職場は神田にあります。
大手町の平将門の首塚近くに私のオフィスがあります。
昼休みには皇居周辺をランニングをし健康には気を使っています。
身体に溜まった疲れを癒すにはやはり風俗遊びですね。
そこでお勧めなのが神田のハイクオリティー店舗型ヘルスです。
神田のハイクオリティー店舗型ヘルスは、その名の通りヘルスの高級店です。
女性のクオリティーも高くプライバシーも完全に守ってくれお忍びで遊ぶには絶好のシチュレーションです。
神田のハイクオリティー店舗型ヘルスの受付で好みのヘルス嬢を指名します。
ヘルス嬢は店舗で待機しているので待たされることはありません。
ヘルス嬢と部屋に向かうそのときから私の妄想の世界は目を覚まします。

ハイクオリティー店舗はサービスが全然違う

一緒に部屋に向かうヘルス嬢の豹変ぶりを想像するだけでも背筋がゾクゾクしてきます。
一緒に歩くヘルス嬢からは香りの良い香水が甘く漂います。
神田のハイクオリティー店舗型ヘルスで指名をしたヘルス嬢の今日の衣装は淡い藤色のドレスです。
清楚で気品高い美しい女性が濃厚なサービスを施してくれるハイクオリティー店舗型ヘルスでのサービスは、クオリティーの高さが違います。

濃厚サービス内容

ヘルス嬢の柔らかい手が私の身体を滑っていきます。
ヘルス嬢の両手が私の頬をそっと上げ私の唇に唇を重ねていきます。
重ねられた唇は熱くお互いの唇を求め舌を絡めます。
私は藤色のドレスの上からヘルス嬢の豊かな胸を揉みその感触を楽しみます。
ドレスを脱がせていく途中でヘルス嬢の乳房が露わになり私を誘っています。
私は思わずヘルス嬢の乳房を口に含み乳首を舌で転がしました。
ヘルス嬢は小さく喘ぎ声を上げ身をくねらせます。
放漫に膨らんだ乳房を手に取り優しく揉んでは口に含み乳首を指で摘んでみます。
立っていることが出来なくなったヘルス嬢がその場に座り込み私はヘルス嬢を抱きかかえました。

そのままベッドに座り後ろから回した手で胸をまた揉みました。
ヘルス嬢は私に身を任せ顔は天を見上げています。
私は唇をヘルス嬢の首へ手は胸を揉んでいるままです。
やがてヘルス嬢の手は私へと伸びてきました。
私はヘルス嬢に服を脱がされいつの間にか直立不動です。
二人で入る浴槽の中は、妄想の中での出来事が現実となって繰り広げられています。
泡風呂と化した浴槽の中で触るヘルス嬢の身体は表現しがたい何とも言えない触り心地です。
直立不動の私はヘルス嬢の手の中で夢の世界へ導かれ天にも昇る想いです。
神田のハイクオリティー店舗型ヘルスの濃厚サービスは奥の深さが魅力です。
その後私は絶頂の中で眠りについてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です