今では希少な上野の店舗型ヘルスへ

毎月当たり前のように風俗へ遊びに行く私も、今となってはそのほとんどが出張型になりました。
まずお店の数が圧倒的な分コスパや女の子のクオリティで選ぶと結果的にそうなるのですが、つい最近続けて店舗型ヘルスに行ってみる機会がありました。
場所は渋谷で随分と昔に行ったことがあるお店、今でも生き残ってるんだと少し感慨深い気がしました。
サービスはもしかしたら良くなってたかもしれませんね。

何しろ何年も前ですし、その当時に在籍していた嬢がいるはずもありませんから比較するのも難しいですが、駅近でお酒飲んだ勢いですからデリヘル呼ぶのも面倒になって店舗型へ行ったわけです。
案外良かったのに気を良くして、その数週間後に上野の店舗型ヘルスにも行くことに。
時間と料金を考えるとそこそこ高め、一応高級店舗型ヘルスっていう括りになるお店でした。

その場で嬢を選べるのが店舗型のメリット

ただデリヘルと違いホテル代はかからないので相殺すればいいわけで、あとはいい嬢がいるかどうかの問題ですね。
結果からいうと上野のヘルスも及第点はあげられそうな気がしました。
おそらく出張型が主流だからかサービス面で気を使ってるというか、そうしないとサバイバルゲームに生き残れないんでしょうね。
出張と違いその場で嬢を選択できるのが店舗型のメリット、私が凸した時は出勤しているのが7?8名だったと思いますが、待機中が4名で一応全員20代でした。

地雷を踏む確率も少ない

デリヘルと違って誰が来るのかわからないドキドキ感には欠けますが、アルバムで選べるからパネマジで地雷踏む確率は少ないですし大外れもないのがいいところですね。
私は勇気がなくて今まで経験ありませんがいい子がいなかったら遊ばなきゃいいだけの話ですしね。
店内に入ると店舗型ヘルス独特の石鹸の匂いがします。
かつて通った風俗ファンとしては懐かしいですね。
その前に行った渋谷のお店は受付とプレールームが別物件だったのでそれはなかったんですが、やっぱり店舗型ってそういうのがあるあるネタだったりします。

シチュエーションによって使い分ける

そのお店ではオプションは全部基本プレーに込みでしたので予定外の出費はなし。
やや時間と進行具合が事務的ではありますがそれは店舗型だけに仕方ないですね。
出張よりは嬢は時間配分も慣れてて丁度いい具合にクライマックスへと進めてくれました。

結局思うのはお酒が入って泊まりになるなら出張、終電までに帰る場合は店舗型っていう選択肢なのかな、と。
心配した嬢のクオリティはなんとかまだ維持できてるようです。
働く嬢の立場で考えると正直なところ気楽に働くなら出張が断然でしょうが、なんかあった時のリスクを考えると店舗型の方が安心感があるのかもしれませんね。
行ってみた感想でいうなら店舗型も捨てたもんじゃない気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です